Geocreates

ブログ

アーカイブ

多様体の露出感

2016-07-24 (Sun) / カテゴリー:CG,VR,AR

昨日は弊社事務所前の三田通りにて、
三田納涼カーニバル2016が行われました。

片側3斜線の150m強の道路の範囲を、
歩行者天国にして毎年5万人超の人が訪れます。

今年は、同イベントの時間帯の異なる写真を撮り、
大勢で賑わうイベントの光の露出加減を確認する作業を行いました。


<19:00頃>


<19:20頃>


<19:40頃>


<20:00頃>


上記は、1時間程度で20分おきに撮影したもので、
環境光や建物内外の照明の点灯の変化が確認できます。

所謂マジックアワーとして説明されるような解釈も勿論重要ですが、
ユーザーの体験を表現したい場合の、
・俯瞰の目線
・アイレベルの目線
の双方において、
光の中にいる体験と、光を外から観察する体験は大きく異なるため、
如何に露出感を伴った体験の全体性を構築できるか、
ユーザーの時間を限定する映像ではなく、
ユーザーの時間を投影し追体験・擬似体系できるイメージとして描けるか、
を考えてみています。