Geocreates

ブログ

アーカイブ

空間探索実験2013

2013-07-22 (Mon) / カテゴリー:アイトラッキング

一昨年の機会には、都内や都内近郊、郊外でも実験を行いましたが、
今回は都内の事務所周辺の田町の街に範囲を絞って探索実験を行っています。



大学院時代には極めて目的的なサインと空間の認知について、
「空間の分かり易さ」の題目で建築学会賞を受賞していた探索行動実験を行っていたので、
現体制では、アカデミックな場ではなかなか出来ない、目的的ではない実験を行うことを念頭に置いて、様々な探索実験を試行しています。

その中で、むしろ逆に分かり難い・複雑な空間性がどのようなものかを抽出していくことを考えています
(それが立体的で豊かな形態に繋がるのではないかと発表して受賞できたのが2011年の形態創生コンペ「速度の建築」でした。


アイマークレコーダーをレンタルしている期間も残り僅かになり、室内での実験に移行しています
(機材のレンタルも安くはないので天気との戦いも発生しています)。
・絵画
・ネットサーフィンしているPCディスプレイ
・ゲーム(スーパーマリオや、一人称視点のWiiSports、バイオハザードでFPSとTPSを切替えてみる等)
・建物を再現してCAVE的に使用した空間
などで実験を行ってみていて、なかなか同時に分析判断できるような状況ではありませんが、
屋外の3次元空間での実験よりも、比較的視線の動きが単調な印象を持っています
(作られた空間の方がより目的的で視認の型が少ないのかも知れません)。



実験にご協力頂いた皆様、ありがとうございました。
各種成果はまた各プロジェクトのタイミングで発表していくようにしたいと思います。